水道を修理するようなトラブルを回避するために

水道のトラブルの中には、自分たちが普段から気を付けておく事で回避できるものも多くあります。水道のトラブルが起きて業者に修理をしてもらうと、どうしても費用がかかってしまいます。場合によっては水道管の取り換えなどをしなくてはならず、より多くの費用がかかってしまい大きな負担となってしまう場合もあるでしょう。もちろんどうしても起きてしまうトラブルもありますが、トイレなどのトラブルは自分で気を付けておくだけで、トラブルが起きる確率を大きく減らす事ができます。費用の負担を少しでも少なくするためにもどういったポイントに気を付けておくべきなのかを知っておくと良いでしょう。

■トイレのトラブルを回避するために

トイレのトラブルでまず気を付けたいのが、排水管が詰まらないようにするというものです。トイレは水で流すものですから、水に溶けにくい素材で作られた物を流すと詰まりの原因となってしまいます。例えば子供のおむつや生理用品といった溶けにくく、排水管に対して大きすぎる物を流すと、高い確率で詰まりやすくなります。
また、小さいお子さんのいるご家庭では、子供が間違って玩具などをトイレで流してしまい、それが原因で排水管が詰まってしまうというトラブルも起こりやすくなるため、子供の行動には注意しなくてはいけません。トイレは意外と何でも流してしまえると思う人が多いですが、実際には流せない物の方が多いですので、トイレットペーパーなどの水に溶けやすい物以外は流さないように気を付けておきましょう。
ウォシュレット 水漏れなどに関しても気を配る必要がありますが、正しい手順で修理をしなければならないため、難しいと感じたら業者へ修理を依頼するようにしましょう。

■経年劣化や凍結によるトラブルを回避する

水道管は、どうしても経年劣化によって錆びてしまったり、何らかの汚れなどが原因で破損してしまう事があります。破損するタイミングは素材によってさまざまですが、耐用年数を超えて使用していたり、築年数の長いアパートやマンションにお住まいの方は、早い段階で交換をしておくと修理をせずに済みます。見た目が大丈夫であっても、水が錆び臭かったり赤く濁った水が出る場合は内部が錆びてしまっているため、すぐに交換をした方が良いでしょう。交換する場合も費用はかかりますが、破損をしてしまった場合はアパートなどの集合住宅だと下の階や両隣の部屋にも被害が出て、より多くの出費となる危険もあります。ですから早いうちに交換をしておいて、破損による水漏れなどが起きないように気を付ける事がおすすめです。

■まとめ
水道管や排水管が詰まってしまう、破損してしまうというトラブルが起きると、修理の費用だけでなく近隣への被害が出た場合はそちらへの賠償金などもかかってしまう場合があります。それを防ぐためには、トラブルの原因となる行動を避ける、破損しやすい状況にならないよう気を付けておくなど、自分で気を付けるべきポイントを知っておくと良いでしょう。トイレで流す物に注意する、古くなった排水管などを早いうちに交換しておくなど、簡単なことに気を付けるだけでも大きく違いますし、トラブルを避けることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ